ku-kuん家のちいさな家族たち

.19

カメレオン飼育方法

梅雨は蒸し暑くて
洗濯物も乾かないし
とてもきらいだったけど

カメレオンを飼育してからは
雨は待ち遠しいし
蒸し暑いくらいの湿度は
ありがたく感じてしまう^^;

といってもわたし自身はベタつくし髪の毛もボワっとなるし
気分はどんよりですが・・・

カメレオンズのことを考えると
ウキウキしちゃう^^

雨が降ると大喜びで
雨降って来たぞ〜!!

「カメレオンズ〜!お外にいくぞ〜!」っと
急いでお庭へgo!

ネットゲージにカメレオンズを入れてせっせと運ぶわたし


「ハイ、喜んで〜っ♪」っと運ばれるカメレオンズ

左のケージ、出したとたんにトノちゃんがうんちょしました^^;
トノはリビング放し飼いなので
こうしてケージ内でしてくれるのはありがたい^^

さてさてたった今、外に出して
上の写真をぱちりと
撮って室内に戻ったところで
この記事を書いているわけなのですが

このままカメレオンズはしばらく
雨浴。。。
そうすると〜
自然の恵みで
しっとりぷりぷりな
カメレオンのできあがり(^^)/

お掃除がてら・・・
雨の降らない日は水道のシャワーをネットケージに直接かけて
「雨ですよ〜」っと
ニセモノの雨を降らせてます^^

あっ。。。
あれ???


もう止んだ!?

残念。。。
きょうはこれから大雨の予報ですが。。。

大雨のときは
おうちに入れますよ^^;

明日とあさっても
雨予報。。。

梅雨に入ってから
相変わらずほとんど雨が降ってませんが

わたしはカメレオンズとともに
「小雨待ち」です

きょうのいいこと☆
書いてきましたが

入園以来、日々の成長が著しいので
きょうのおちびの成長。。。
を書こうと思います

もっと早く残しておけばよかったかな^^;

とゆうわけで

「きょうのおちび」
☆牛乳が飲めるようになりました


ではでは本日も
ぜひぜひ
クリックだけで一票☆
ここをっとおねがいします



スポンサーサイト

.13

カメレオン飼育方法

カメレオンズの散歩コース

ツルのレイアウトについて
お尋ねがあったので。。。

あくまでも
わたし個人的な意見ですので
飼育者それぞれ考え方はいろいろですので

違う意見の方も多々いらっしゃると思いますが。。。

カメレオン飼育暦も短く。。。
参考になるかどうかわかりませんが

いくつかのご質問について
わたしなりにちょっと書いてみます。。。

はじめに。。。
我が家はパンサー2匹ではないので
種類の違いでの環境の違いはあると思いますので
ご了承くださいね



★「ケージ内だけでは狭い?ツルは必要ですか?」について

簡単に言えば。。。

運動量を考えると広いに越したことはないでしょう。。。

しかし室内に放すことで
落下などの事故の危険性もあります

それからケース内だけの保温ではなく
室内全体の保温も必要になりますから
温度湿度管理はケースだけの方が楽だと思います

一長一短。。。です


わたしは個人的にカメレオンを飼い始めたときから
なぜか「ケースの中だけで飼う」という感覚がありませんでした。。。

現在のようにケースから外にも出られるように
と思っていました

鳥やモモンガのように
パーソンがツル以外のところにいることがほとんどなかったからかもしれません

紫外線が必要なら紫外線ライトを。。。とは思わず
単純に。。。
紫外線も体温を上げるのも日光に勝るものはないっと思って
カメレオンが必要なときに日に当たりに行けるように
窓際まで木の枝を伸ばしたのが始まりでした
(ケージから出さないときには必要なのでライト類はもちろんケージに設置してあります)

いろいろ調べるうちに紫外線量なども
考えましたが。。。

すこしでも「自然に」が我が家流です



↓ 我が家のお散歩コースです

いつもは見上げる高さのカメレオンズのお散歩コース
きょうはイスにのって
トノ目線で撮ってみました♪

我が家のカメレオンスペース…ジャングルな一角です
2匹が別のツルを歩けるように設置してあります

ちなみに2匹とも
左奥にある窓辺で日光浴をしてきたところです
ケージから窓辺までつながっています

↓こちらが窓辺
最近のトノのお気に入りはココです(寝るときもココ)


パーソンは暗いトコに隠れるのが好き…と言われますが
トノは明るい窓辺によくいます
葉っぱの影に隠れたりできるようにと
ポトスをつけてありますが
そこにいくことはほぼありません

この斜めの枝をいったりいきたり
のどが渇くと右の方に移動して
わたしを呼びます

夜はカーテンを閉めますが
朝カーテンと雨戸をあけて
おはよ~♪っとゆうのが日課です
日が昇れば起きて
日が暮れれば寝ます



ツルや流木はいくつか組み合わせています

現在使用しているのは
ジャングルバイン1本
3メートルほどのツル2本
5メートルほどのツル1本
太いツル1本
窓枠にぴったりサイズの流木1本
(ケージ内を除く)

窓のところの木は
同じ方向に枝が2本長く伸びたものを
海でみつけて拾ってきました
窓枠サイズにぴったりでした^^



ツルの高さなどレイアウトは
もちろんカメレオンの行動を考えて
行ってほしくないところには行かないようにとか

高いところ(床から2.5メートルくらい)に設置したところの下には
高さ50センチほどの台に高さ90センチのネットゲージを置き

万が一、落ちても1メートルないですし
ネットケージの上とゆうクッション状態です


とゆうような工夫はしています

そして一応、リビングのインテリアも兼ねて
見栄えも良く見えるように考えて組んでいるつもりです
天井が高く見えるようにとか
実はいろいろ考えてたりしてます

リビング奥の壁一面と窓のある壁面の窓のところまでが
カメレオンのスペースです
「リビングの一角がレイアウトケージ」という感じです・・・

生活スペースにカメレオンズが入り込んでる感覚はありません
あくまでも1角です

でも狭いリビングですから共存してる感じはあります^^

ソファーに座っても
キッチンのカウンターからも
ちょうど見えます

ソファーに座って
カメレオンズが散歩しているのを
眺めるのが好きです

わたしの中では
熱帯魚の水槽を眺めるのと同様に
カメレオンのスペースは
お気に入りの観賞スペースです

長くなりましたが。。。
まだまだいきます


★「観賞用?」ハンドリングについて。。。

「ハンドリング」できるとはいえ
家にいるときは特に気になることがなければ
カメレオン自体を触ることは
あまりありません

毎日直接お水を飲ませたり、霧吹きしたり、ゴハンあげたり…
日々のお世話でのチェックは欠かすことはありませんけどね

トノはほとんど動かない!?ので
このツルの上で放し飼い状態です
もうネットケージに入ることはほぼゼロです
昨年も冬は無加温でツルの上で越しました

ちなみに現在の就寝場所は窓際の一番寒いんじゃないか?
というところです
朝方17~18度といったところです



トーマスはさすがに行動範囲も広く
よく動きますし、保温が必要なので
散歩後ケージに戻します

このツルはケージの中からつながっているので
出るときはケージの入り口を開ければ勝手に出てきますので
触るのはケージに戻すときや
2匹が近付きすぎてるときくらいです

わたしは観賞用というと物っぽい感じに思えて
あまり好きではない言い方なのですが
カメレオンはほぼ観賞用。。。ってくらいの
距離感が必要だなぁ~っと思っています

給水ボトルや餌を見せれば
よってきますけど。。。
これも熱帯魚と似てるのかも!?



★2匹一緒で大丈夫?について

近くで見ていられるときだけ
2匹一緒に出しています


最近ではお散歩中2匹の距離が近付いても
トノも以前ほど
真っ黄色になって怒ることもなくなりましたが
一応、怒りますけどね
↑画像のようにのどをふくらませて。。。


種類の違いもあるかもしれません。。。
パンサー2匹になると
正直わかりません

2匹の性格や相性もあるでしょうし
ケンカするようなら

2匹一緒はおすすめしません





トーマスは今、脱皮中で
散歩をしながら
ボロボロ皮を落としていきます

なので
床に落ちた皮を拾うのが
只今わたしの日課です

もちろんうんちょもだいたい決まった場所ですが
体温があがった頃に落としていきます

その辺もケース内だけとは
ちがった掃除の手間がありますょ




随分なが~くなりましたが
なんとなくでも…参考になりましたでしょうか。。。



ではでは本日も
ぜひぜひ
クリックだけで一票☆
ここをっとおねがいします


.31

カメレオン飼育方法

カメレオンと水

先日、カメレオンの飼育環境について尋ねられたので。。。

きょうは…
ちょっとまじめに

あ、画像はまじめではないけれど(笑)

「カメレオン飼育」に重要かな?と
わたしなりに感じてることを書いておこうと思います



が…

まずはきょうの画像から

ツルの端っこまで来て
トーマスが「お水欲しい!!」
といっているのに~

ちょっといたずら心で。。。
意地悪しちゃって・・・


反対側のツルにいるトノに


「トノ~お水飲む~?」とあげようとしたら
わぁぁぁ~
スタスタタタタタ~っとトーマスが
「俺の水だぁぁぁ!!」
って、大急ぎでここまできちゃった(汗)


このままではトノを越えてきてしまう~
トーマスのことだから…
多分ボトルしか見えてない


トノ、ごめん、あとでね。。。
「エ~ッッッ!!」とスローなトノに比べ…

トーマス!!こっちこっち!!っと反対側へ誘導。。。

「あっちでもこっちでも、どっちでもいいけど
早くおくれょ。。。」
っとお口を開けたままボトルについてくる俊敏なトーマス


トノは、「わたしのお水~待ってるわょ~」と横目でちらり。。。


トーマスは…



勢いあまって…
立ちあがる。。。そして飲む。。。



こんなに水がほしいときはわかりやすいのです
…うちだけかしら!?




さてさてここからはまじめに。。。
気になる方だけお読みください

意味があるかどうかはわかりません
ちょっとでも参考になることがあれば…いいのですが
とにかく長~いです覚悟してお読みください

1水
2餌
3温度
4飼育スペース

について

飼育方法はそれぞれの家庭でちがいますし
あくまでも我が家の飼育方法ですのでね

まずは1の「水」から

水は毎日の霧吹きと飲用ですが

きょうは
「水を飲む」とゆうことについて

脱水…水を十分飲めてない状態が
ずっと続くと命を落とす可能性が高くなります


我が家では
餌を食べたいだけ食べさせた日から2日間くらい餌を抜くことも
よくあります
でも水は絶対欠かせません

たとえばなんらかの理由で
餌を1週間食べなかったとしても
水さえちゃんとのんでいれば
生きていられます
それくらい水は重要。。。

(ただし、自分で水を飲めない状況の場合は
無理に飲ませると窒息する可能性があります)

我が家では一日数回
カメレオンたちが「水ほし~!」と言うときに
園芸用の水差しボトルで与えています

カメレオンが欲しいっていうのがわかるのか?

と言われると。。。

いっしょにいればわかりますょ
上の画像のように。。。

我が家ではいつも自由にツルをいったりきたりしてますが
特にトーマスは
お水がほしいときは近くに来て
じ~っと待ってますから

目があうと「水~」とみつめてきます


それに以前にもふれましたが
本には動かない水には反応しない…と書かれていますが
ボトルは置いてあるだけではもちろん水はでませんが
カメレオンは学習します
本当にかしこい…
水が出るものだとゆうことはわかってます

そんなボトルが置いてあるだけでも
ボトルの先をなめようとします

水出てないのに…
↓こんな風に(以前も載せた画像ですが)



これに気付いて以来
ケガをしてはいけないので
トーマスの行動範囲内に
ボトルは置かないようにしています


ドリッパーは便利ですが
飲んだ量が把握できないので飼育を始めてから
一度もつかったことがありません

もちろん
ボトルのみでの給水は
日中、家にいるからできることです。。。


日中家にいなければドリッパーは
必要だと思います



トノの場合はトーマスの倍以上の水を飲みます
トノは同じ場所にいることが多いので
「欲しい~」っと言ってるかどうか
トーマスほどはあまりわからないけれど
欲しそうかな?と思えば適当にボトルを近づけます

ほしいときはボトルを見せれば寄ってきます
いらないときは無視。。。


そぉそぉわたしがパーマをかけていらい
わたしから水をのんでくれなかったトノですが
もぉすっかり飲んでくれるようになりました

よかった



トーマスは
以前設置していた犬用の水のみ器からも
ゴクゴクのんでたけれど

これをみてると
本に書いてあるような
霧吹きをして葉っぱについた水滴をなめてるってだけじゃ
足りてないんだなぁ
ってつくづく思います


ベビーのときはそれで十分だったかもしれないけど…
そぉいえばトノはベビーのときは
1日2回朝晩に3~5滴からだったな。。。

いまではボトルから与える時だって
数滴ではなくてポタポタポタポタして飲んでます
(気管にはいって窒息するのは怖いので
勢いよく水を飲ませるのは危険です)
ゆっくりポタポタです

ちなみに
トノ(パーソンカメレオン)と
トーマス(パンサーカメレオン)と
全然飲み方がちがいますので
種類や個体差もあると思います


いずれ
動画ででもご紹介できたらいいのですが。。。



人間もですがカメレオンにとって
水分不足は命取りです。。。


人間もカメレオンも水分の摂取大事ですね。。。

そしてわたしが一番大事にしていること
これは餌、温度湿度、飼育スペースにもいえることですが

「自然に近く」です
水なら

雨が降ったら葉っぱに付いた水滴をなめる
水溜りをみつけたら飲む。。。

水も餌もいつも同じ場所に同じだけあるわけじゃない

だから毎日同じことを同じだけするよりも
人工的に雨をふらせたり(冷たすぎないお水のシャワー)、
餌を増やしたり、減らしたり
食べない日(獲物を見つけられない日)をつくったり

…食べさせないのがかわいそうだと思うのは
人間的な感覚。。。

カメレオンにとっては大事なことだと思っています



カメレオン飼育は難しいと言われますが
難しいのではなくって

カメレオンたちを観察できる時間をもてるか…
ではないかと。。。

お金をかけることよりも
観察。。。

高い器具を揃えるよりも
揃えないほうが気にかけられるのかも。。。
わたしの場合は揃えちゃったら
安心感からほっとく時間が増えちゃいそう

我が家には
高い器具はありません
実にシンプルです

ただ、なんか気になるとき以外
観察するぞ!っと見ることはないですが

リビングからもキッチンからも目に付く場所に
彼らがいるので
いつでも見える環境にあります
お金をかけるのは
定期的な検便など
状態を崩す前に先手先手に
予防すること。。。かな



たとえば…
お仕事で朝と夜しか観察できないとしても

餌を食べる様子、水を飲む様子
お休みの日ならバスキングしてる様子や運動している様子も
観察できます

高い器具を揃えたからといって
健康を保てる保障はないと思うのです
だから

「自分の時間」を「カメレオンとの時間」としてさくことや
手間ひまかけることがめんどくさかったり、大変だと思う人には
難しい…のかもしれませんね

だって
カメレオン飼育を始めて以来
いまでは温度や湿度や
水や餌の量など

朝から晩まで気にしすぎるほどではないですが
やっぱり気になりますからね

でも大変だと思ったことはいちどもありません
飼ったらあたりまえのことだから。。。

そして
今まで気にすることの無かった
天気や気温、湿度など

いろんなことを気付かせてもらえるように
なったことに逆に感謝してるくらい。。。

以前よりもっと
自然を感じられるようになりましたから


なんだか水のことだけじゃなくなって
文章もまとまってない気もしますが
この辺で。。。


随分長くなりました。。。
いや、長すぎた~

オツカレサマでした
最後まで読んでいただき
ありがとうございました

餌、温度、飼育スペースについてはまた後日。。。


ではでは本日も
ぜひぜひ
クリックだけで一票☆
ここをっとおねがいします



プロフィール

ku-ku

Author:ku-ku
☆好きなもの☆
生き物
雑貨


☆すきなこと☆
ものづくり。。。
羊毛フェルト、革小物、
陶芸、
ガーデニング

☆好きなたべもの
お寿司、エビチリ
カワハギの肝
海ぶどう
ZIMA

☆嫌いなたべもの
パクチー、マトン&ラム

☆★☆★☆★☆★☆★
ちいさな家族たち
☆★☆★☆★☆★☆★

<ももんが>
フクロモモンガ
TOMMY♂
(2009.11.25生まれ)
家族になった日:2010.6.13

<カメレオン>
パーソンカメレオン
トノ♀
(2010.4月生まれ)
家族になった日:2010.7.3
旅立った日:2013.12.20

パンサーカメレオン
トーマス♂
(2010.8月生まれ)
家族になった日:2011.4.25
旅立った日:2013.10.31

メラーカメレオン
ジェット♂
生年月日不明
家族になった日:2013.11.22

コノハカメレオン
チャーリー

<ヤモリ>
ナメハダタマオヤモリ
mama めめちゃん♀
children1 まめちゃん
    2 めるちゃん
    3すずなちゃん
    
ジャイアントゲッコー ルノ♀
ヘルメットゲッコー サンタ♂
レオパードゲッコー
アルビノ ワトソン♂
??? オリバー
エニグマ アンジー

<カエル>
ウルグルオオクサガエル うた
タンザニアビッグアイ デン
アメフクラガエル 千代丸

<ワンコ>
M.ダックス りん♀
T.プードル ラム♀
L.チワワ  麦♀

<フクロウ>
メンフクロウ ポット

<ロリス>
スローロリス チャム♂

遠いお空で遊んでる子
エルゴンホーネリー ロビン♂
エルゴンホーネリー コニー♀
コザクラインコ 空♂
コザクラインコ ひまわり♀
ナメハダタマオヤモリ
たまちゃんpapa
babyなずな

●○●○●○●○●○
<リンクフリー>
基本的にリンクフリーですが
コメントより
ご連絡くださいませ☆

<コメントフリー>
コメントは
承認待ち表示に
させていただいてますが
お気軽に
コメントくださいませ☆

※ 不適切なものは削除
  させていただきます。

※ 写真の無断使用は
  ご遠慮ください☆




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ